小型自動舌側装置による部分的な矯正 Yahoo知恵袋

オールアバウトプロファイル

歯列矯正・歯並びのお悩み、お気軽にお問合せください。

WEBからの相談・予約はこちら

  • 無料カウンセリング
  • 無料写メール相談

トップ >歯列矯正と差し歯・ラミネートべニア法でのすきっ歯の治療の違い

すきっ歯 歯列矯正と差し歯・ラミネートべニア法でのすきっ歯の治療の違い

すきっ歯の治療法には3通りの方法があります。
(1)矯正 (2) セラミックの差し歯 (3)ラミネートベニア法

一般的にすきっ歯の場合は、オールセラミッククラウン(差し歯)やラミネートべニア等の人口の歯で空隙(くうげき)を埋めると、前歯がかなり大きくなってしまうため、 矯正治療で治すのが理想的と言えます。
また、前歯が大きくなると出っ歯に見えてしまいます。(どの程度出っ歯にみえてしまうかは、歯の大きさと前歯の出具合によりますので、一概には言えません)

また、部分矯正で治した場合、前歯の空隙が閉鎖されたときにした前歯と上前歯が強く咬み合うようであれば、咬合調整(当たっている部分を削る)か、下前歯の部分矯正が必要になるケースもございます。

すきっ歯の治療例の比較

治療例の比較

歯の状態と患者様のご希望に沿って、治療方針を決定いたします。

歯列矯正で治療したケース

メリット: 元の歯の大きさが変わらない。自然な歯がそのまま残る。

デメリット:時間がかかる

人口の歯(ラミネートべニア法・セラミッククラウン法(差し歯))で治療したケース

メリット: 治療が早く終わる。歯の色や形も理想的にできる。元の歯が小さい場合は、普通のサイズにできる。

デメリット:前歯が大きくなってしまう

Dr.KOYATAの相談室 すきっ歯(空隙歯列)Q&A

Dr.KOYATA

差し歯・すきっ歯について、インターネットで寄せられた相談にお答えしています。

差し歯の質問集 (原因、治療法、費用など) ≫
すきっ歯、正中離開、空隙歯列に関するQA ≫

歯列矯正・歯並びのお悩み、お気軽にお問合せください。

WEBからの相談・予約はこちら

  • 無料カウンセリング
  • 無料写メール相談

ページトップへ